15. 3月 2014 · 結婚した相手に不満を抱くこともある はコメントを受け付けていません。 · Categories: 結婚

見も知らぬ男を連れ込んで不義を働くという形で、退屈な日常からの逃避を求める人が多くたって、それほどショックは受けない。

結局のところ、私たちは一カ所にとどまっていることを死ぬほど恐れ、
次の角を曲がり、次の扉を抜けたところにきっと待ち受けている、次の相手とのもっと刺激的なドラマを逃すまいとしている世代なのだ。
しかし、実際に結婚した相手には欠陥があるかもしれないが、彼らは少なくとも、私たちがその不完全さをよく知っている相手である。

彼らは少なくとも、私たちがあてにできる男であり、かつては愛した男であり、いまも愛しているかもしれない、そしてたとえいまはそうでなくても、
今後ふたたび愛するかもしれない男なのだ。

彼らは少なくとも、私たちがこれ以上は耐えられなくなって、数時間だけ家から脱走する必要に迫られたときに、
女友達とマティーニを飲むあいだぐらいは家にいて、子供のめんどうを見てくれるにちがいない夫なのだ。
「退屈な日常から解放してあげる」という甘い言葉で、あなたを釣り続ける魅力的な誘惑者の手に落ちるのはたやすい。
しかし、二十四時間にわたる生活サイクルの実地検証をクリアしないかぎり、こうした求婚者もおとぎ話の王子様である。
退屈な連れ合いを見捨てる前に、白馬に乗った王子様にこのテストを受けさせなくてはならない。

太って、ひげも剃らず、意地悪な彼が、ランチ・デートに鼻を垂らした泣き虫の赤ん坊を連れてくる図を思い浮かべるのだ。
要するに、現実的な目で見ると、理想的で完ぺきな恋人はどのような変化を遂げるか、ということである。

私なら、夢の中でだけは完ぺきだけど立証されていない王子様よりも、実際に触れたり感じたりできる不完全な結婚相手のほうを取るだろう。
毎週日曜日の朝、ベーグルを買いに行くたびに、自分の夫が実はほぼ完ぺきに近いことを知らされる。
私の友人は理想的で完璧な恋人を掴まえていたが…

参考:結婚相談所 選び方

Comments closed.